02/29,03/01 近況


02/29(宇治田原優駿S→領家厩舎)
角馬場でダク20分後、ウッドコースにて併せの内で追い切る。
 CW 71.4-55.2-41.0-13.1 強め
領家調教師「検疫が取れたので、先週、急遽入厩させました。まだ日も浅いので、今日は相手なりの指示。最後は相手の手応えが一杯だったけど、マーベルは元々稽古駆けする馬だし、久々でもこのくらいのところなら楽だね。500万クラスならレースはたくさんあるし、まだレースは決めず、まずはしっかり乗り込んでいきます」
助手「本当に良い時ならもっと楽に動ける馬ですが、それでもまだ戻って数日。これからですよ」


03/01(領家厩舎)
領家調教師「昨日のダメージもなかったので、今日はウッドコースを二週乗る調整。まだ毛が長くてボサボサだけど、だんだん暖かくなってきて、昨日も騎乗後にしっかり汗をかいていた。乗り込んでいけば体調も上がってきて、毛艶も良くなってくると思うよ。どんどん汗を掻かせて、代謝を上げていかないとね。あと2〜3回追い切ってレースに向かえればと考えているよ」


さーて、復帰戦はどの条件を使うのかな。調教どおり走ってくれれば500万下ならやれるハズなんで頑張っていただきたい。

02/29,03/01 近況


02/29(国枝厩舎)
乗り運動後、坂路1本。その後、ゲート試験。
 美浦坂路 58.4-43.4-29.7-15.1 馬なり
担当助手「ゲートの1本目は反応がイマイチでしたが、2本目はまずまずの出で無事合格しました。ゲートの出は遅いですが、二の脚は速いですよ。中でイライラしていたので、まずは無事に受かって良かったです。明日は軽めに乗るか運動にして、金曜日か週末に馬の状態を見て速いところをやる予定です。ここまで問題なく順調に来ていますよ。ゲートも無事にクリアしてくれたので、レースは3月17日、中山・ダート1200mの新馬戦を予定しました。ただ、多頭数が予想され、除外の可能性もあるので、その場合は3月24日、中山・ダート1200mの未勝利戦に向かいます」


03/01(国枝厩舎)
曳き運動60分。
担当助手「昨日は坂路で少し時計も出しましたし、ゲート試験も本スタートで出したので、今日は運動だけ行って気分を変えました。昨日の午後からのチェックでも、球節や種子骨のあたりにも痛みはなく、状態は良さそうなので、今の感じで行ければ良いと思います。今日は運動だけでしたが、歩様もしっかりしていたので、明日からは普通に乗って行き、週末から徐々にペースを上げて行く予定です」
国枝調教師「まだスタートは遅いですが、何とかゲート試験に合格してホッとしています。この後ですが、ダート1200mを考えていましたが、少し忙しい感じもするので、できればダート1400mくらいからスタートさせたいと思います。3月25日の阪神にダート1400mがあるので、そのあたりならこの後も乗り込めるので良いと思っています」


おぉ、ゲート試験一発合格。またデビューに一歩近づきました。

なんだかデビュー戦が2転3転しておりますが、それだけ国枝師がガナドーラのことを考えて悩んでくれてるって事にしておきますw

無事にデビューを迎えていただきたい。

 馬名決定


デルモニコキャット10 → レッドカチューシャ[Red Katyusha] 髪飾り。赤い髪飾りをつけた可憐な女の子をイメージ

リンガフランカ10 → レッドオーディン[Red Odin]北欧神話最高神の名。スケールの大きな走りを夢見て

マジックコード10 → レッドフェンサー[Red Fencer]剣客、剣士。父の名より連想、聖剣を操る剣士


と各馬決まったようです。


うん、それぞれ良い感じです。カチューシャは可愛いな、結構お気に入り。オーディンは馬名に負けないように頑張れ!

 02/29 近況

[デルモニコキャット10]


02/29(社台ファーム
担当スタッフ「順調に直線走路で乗られていましたが、昨日、右飛節を外傷してしまいました。程度としてはひどい怪我ではありませんが、10日ほど休ませることになりそうです。申し訳ありません。馬体重は462キロです」

[マジックコード10]


02/29(社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、周回キャンター1200m。馬体重506キロ。
担当スタッフ「直線走路と周回コースのフラットワークを交互に行っています。とても前向きで真面目な馬ですよ。その分、テンションの上がりやすい面は見られますが、その辺は気を付けて乗っているので大丈夫です」

[リンガフランカ10]


02/29(ノーザンファーム早来)
週3回周回2400m(ハロン18秒)、週3回トレッドミル。馬体重446キロ。
担当スタッフ「引き続き屋内周回コースとトレッドミルを、一日おきに交互に使用しての調整です。トレッドミルではハロン23秒ペースくらいのキャンター。まだトモや腰に弱さのある馬なので、じっくりと馬に合わせて鍛えていきたいと思います。ここまでメニューを継続できていますし、この調子で慌てずステップアップしていきたいですね。馬体全体の雰囲気は周回で乗り出してから良くなってきていますよ」


順調に来ていたデルモニコですが頓挫してしまいました。ま、軽傷みたいなんでちょっと休んでまた頑張って。

マジックコードは変わらず順調。ただUPされた動画を見ると左前の運びがやっぱり怖いなぁ、なんとか矯正できないものかしらん。

リンガフランカは気長に腰の良化を待ちましょう。

01/31-02/28 近況


01/31
マイネジャンヌは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。この中間から昼夜放牧をしています。蹄鉄を外して敏感になった蹄底を気にしているところはありますが、元気一杯に過ごしています。


01/14
マイネジャンヌは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を行っています。下がコンクリートのような硬い場所では薄くなった蹄を気にして歩いていますが、放牧地では雪が良いクッションになっていて気にする素振りは見せていません。1日約20時間を放牧地で過ごしており、悪天候の日の夜間は馬房に戻しています。主任は「到着時に比べると馬体は少し丸みを帯びていますが、放牧の間にもっとふっくらとして欲しいですね」とコメントしていました。


01/28
マイネジャンヌは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧で管理しています。慣れてきたのか下がコンクリートの馬道や砂利道でも蹄を気にする素振りを見せなくなりました。体も少しずつふっくらしてきて、元気に仲間たちと同じ放牧地で過ごしています。主任は「1ヶ月の放牧でリフレッシュした感じです。そろそろ調教を始める予定にしています」と述べていました。



この極寒期の北海道での昼夜放牧で元気なんだ・・・馬はスゴイっす。裂蹄に気を付けて頑張っていただきたい。

02/28 近況


02/28
マイネルレガーロは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。熱発などもなく無事に到着。数日間は日中だけの放牧で寒さに慣らし、昼夜放牧へ移行しました。吹雪などの悪天候でない限りは20時間程屋外で管理しています。初めての環境にも臆することなく、マイペースで雪の中を駆け回ったりするなど元気一杯です。主任は「集放牧時はうるさいくらいですね。歩様の硬さ等も特にないですし、この機会に目に見えない疲れを取って欲しいですね」と話していました。



こちらもクソ寒い中、昼夜放牧中。元気そうで何より。

02/17,24 近況


02/17(山元トレセン
担当スタッフ「今日も坂路で15−15を乗りましたが、ペースにも慣れてきた様子ですね。騎乗者は背中の感触がいいと話していますし、重量感のあるいい走りを見せています。馬体重は535キロ。余裕はありますが、メリハリがついてきたように思います。来週いっぱいは15−15くらいで、様子を見ながらペースアップと考えていますが、もっともっと良くなる雰囲気も持っているので楽しみにしています。伸びしろは大きいと思いますよ」


02/24(山元トレセン
担当スタッフ「坂路で15−15を開始してからも、問題なく進めることができています。明日から14−14と考えていますが、順調にペースアップできていますね。馬体重は536キロ。並歩だと少し頼りないところもあるみたいですが、キャンターに行っての背中が結構いいみたいですよ。ここまで気になる点もなく進めることができたので、このまま次のステップへ移行したいですね。大型馬ですし、まだまだ変わってきそうな雰囲気。速いところをはじめると、また違った一面を見せてくれるかもしれませんね」


よしよし、15−15もこなしてますね。移動までもう少しかな。頑張っていただきたい。